レーザー脱毛

サイトマップ

ムダ毛の毛根はメラニン色素から出来ていますが、このメラニン色素に熱を当てる事で反応する
レーザーを使って、内側から脱毛するのがレーザー脱毛です。

毛根にダメージを加えるので、自然と毛が抜けやすくなります。

この毛根へのダメージの影響で毛穴の周辺にもダメージを加えていく為、毛が生えづらいお肌へと変わっていきます。
このレーザー脱毛の特徴は痛みも少なく、お肌を傷つけにくいということです。

ムダ毛を1本ずつ脱毛するわけではないので、時間も短くて済みます。
注意しなければならない点はメラニン色素に反応する為、日焼けした後のお肌はメラニン色素をたくさん含み、レーザー脱毛が適した方法とは言えない場合が
ありますので、気をつけましょう。

レーザー脱毛は医療機関とエステサロンとに分かれますが、医療機関の場合は医療に携わっている人のみが使用できる機器を使用します。
レーザー脱毛によって与えた肌へのダメージに対して医療機関では医薬品を処方することが出来ます。
医療機関のレーザー脱毛で使用する機器はエステサロンの機器よりも強いレーザーを使用することができるので、脱毛効果も比較的医療機関の方が高いと言えるでしょう。

医療機関に対してエステサロンなどでは医療従事者がいない分、使用するレーザー脱毛用の機器には制限がされています。医療機関の機器ほど強いレーザー使用しない為、脱毛効果も医療機関ほどではないようです。

しかしその分、レーザー脱毛による痛みはサロンの方が少ないと言えるでしょう。
もしも皮膚にトラブルがあった場合、医療機関はその人にあった医薬品を処方することができるので安心かと思います。

エステサロンの場合はレーザー脱毛によるお肌へのダメージが医療機関より低い分、医薬品が使用できず、医療的な対応はできないということになります。

料金は比較的医療機関の方が高いようです。
レーザー脱毛は、医療機関とエステサロン、どちらにもメリットとデメリットはありますが、お肌のトラブルに心配がある場合は医療機関で相談しながらレーザー脱毛をした方が良いのかもしれません。

人それぞれ重要視する点が違ってきますので、自分にとって一番良い方法でレーザー脱毛をするのがベストなのだと思います。

「レーザー脱毛と2019年に考えるおばさん」について

レーザー脱毛のメリット、デメリットを説明